パッケージ版より人気|効率的に給与計算をする方法|他社に代行してもらおう

効率的に給与計算をする方法|他社に代行してもらおう

パッケージ版より人気

パソコンと資料

自由度が高いメリット

グループウェアを利用する際に社内のサーバーを利用するパッケージ版とクラウドを利用するものがあります。今や時代はクラウド版が主流です。社内にデータベースを管理するサーバーなどを設置する必要がないなどメリットが非常に高いのです。しかしライセンス契約などもありますので、データベースを構築する際の料金体制に関してはしっかりと調べる必要があります。自社内でパッケージ版を利用して構築する場合、カスタマイズや初期設置費用などが高額なのがデメリットです。しかしすでに自社サーバーを持っており、既存のシステムとの連動を計画しているのであれば、パッケージ版をカスタマイズして使用するほうが利便性が高くなっています。グループウェアによるライセンス契約も必要ありません。

ランニングコストに注意

クラウド版のグループウェアを使用する際のライセンス契約料は、多ければ多いほど割引が発生します。しかし数百台のアクセスとなるとランニングコストがそれなりにかかるようになります。これは、アクセスしているしていないにかかわらず発生するものと、アクセスした時間などに応じて支払いが発生する従量課金制度の二種類があります。利用用途や利用環境によってどちらのコストが安くなるのかは異なりますので、ここでも契約前に事前調査を行っておく必要があるのです。導入後の自由度の高さはクラウド版のグループウェアです。パッケージ版は場合によってシステムを停止する必要があります。そのため業務に支障を及ぼすこともあり、高額なカスタマイズ料金がかかるのです。